図書カード当選者発表!

図書カード当選者発表!

図書カード当選者発表!

図書カード当選者発表!

図書カード当選者発表!

図書カード当選者発表!

大雪による被害はありませんか?


このたびの大雪被害につきましては心よりお見舞い申し上げます。

2月14日から15日にかけて発生した記録的な大雪は

関東甲信地方にも大きな被害をもたらしました。

弊社のお客様にも多数の事故が発生しております。

事故のご対応を最優先とさせていただいており

お客様へ状況の確認のご連絡ができず誠に申し訳ございません。

○カーポートの倒壊

○車両の損傷

○転倒によるおケガ

この他にも大雪による被害に遭われたお客様は下記までお知らせください。

その他ご相談もお気軽にお問い合わせください。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151
 

マックカード当選者発表!


マックカード当選者発表

台風にご注意ください

気象庁は大型で強い台風26号は16日朝には強い勢力で関東に接近し上陸する

恐れがあり「関東に接近する台風としては、10年に1度の勢力」と話しています。

15日午後から中国・四国地方から北日本の広い範囲で大雨や土砂災害、暴風に

警戒するように呼びかけています。

飛びやすい物は家の中にしまうようにしたり自転車をあらかじめたおしておくなど

備えておきましょう。

外出を控えるなどけがにもお気をつけ下さい。

被害のご相談ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151
 

防災の日

9月1日は防災の日。

いつ起こるかわからない地震や台風などの災害に対する心構えを

新たにする日です。

避難場所の確認や非常持ち出し品の準備や災害用伝言ダイヤルの使い方など

日ごろから災害に備えましょう。

八王子市ではハザードマップを作成し配布をおこなっています。

ぜひご家族で話し合ってみましょう。

img014.jpg

 

 

重要!「保険金が使える」と誘う住宅修理契約トラブルについて

重要!
「保険金が使える」と誘う住宅修理契約トラブルについて
 
国民生活センターによれば「保険金が使える」という住宅修理サービスの相談が増加しております。
中には不適切な勧誘行為を行う住宅修理業者によってお客様がトラブルに巻き込まれる相談も寄せられております。
お客様におかれましては十分ご注意いただくとともに自然災害などによる事故の際には速やかに花枝保険事務所までご連絡ください。
自然災害などによる事故のご相談ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151
 
チラシダウンロードはこちら(PDF) 「保険金が使える」と誘う住宅修理契約トラブルについて
「保険金が使える」と誘う住宅修理契約トラブルについて
 
 

マックカード当選者発表!

 
マックカード当選者発表

2013活動報告ブックレットを発送しました

2013活動報告ブックレット

今年も皆さまに活動報告ブックレットを発送しました。

そろそろお手元に届くころかと思います。

ご覧いただけたでしょうか?

昨年同様早くも改善点や追加点など

来年に向けて思うところがあったりもします。

表紙の写真はお客様が撮影された写真を使用させていただきました。

ご協力いただいた皆様に感謝です。

ありがとうございます。

年末年始のお知らせ

花枝保険事務所です。

いつも大変お世話になっています。

今年もあと僅か。

時節柄、ご多忙のことと思いますが、年末年始は帰省ラッシュ、

積雪などで自動車事故が増える時期でもあります。

時間に余裕を持って安全運転を心掛けましょう。

弊社の年末年始の休業期間は以下の通りです。

【年末年始 休業期間】12月29日(土)から1月6日(日)まで

なお、上記期間中の事故時のご連絡先は

「東京海上日動安心110番」0120-119-110(24時間365日受付)

までお願いします。

新年は、1月7日(月)午前9時より営業を開始致します。

寒い日が続きますが、くれぐれもお身体にはご自愛下さいませ。

それでは、皆様、良いお年をお迎え下さい。

新しいメンバーのご紹介

6月1日から花枝保険事務所に新しいメンバーが増えました。

今後は皆様の所へもご訪問させていただくこともございますので

何卒よろしくお願い申し上げます。

名前は外村 大樹(ほかむら だいき)です。

NEC_0207.JPG

はじめまして、外村大樹と申します。

新しく花枝保険事務所の一員として加わりました。

日野市で妻と3人の子供に囲まれて賑やかに暮らしています。

趣味はドライブと野球観戦で、最近フェイスブックを始めました。

ぜひお友達になって頂ければ嬉しいです。

皆様のお役にたてる様に精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。

モバイルエージェントのご案内

スーマートフォンをお持ちのお客様にご案内いたします。

「いつも持ち運べる安心」という考え方のもとに東京海上日動のスマートフォンアプリ

「モバイルエージェント」が登場いたしました。

花枝保険事務所や東京海上日動の窓口にすぐに連絡できます。

詳しくはこちらをご覧ください。

代理店の電話番号を入力するところは「0120915151」とご入力ください。

モバイルエージェント
モバイルエージェント

モバイルエージェントにつきましてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ココ花 フリーダイヤル 0120-81-5587
 

ベルフォア社がテレビで紹介されます

東京海上日動が提携するベルフォア社の「早期災害復旧支援」が

4月10日午後10時? ガイアの夜明け(テレビ東京)にて

紹介されます。ぜひご覧ください。

番組について詳しくはこちら

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20120410.html
ベルフォア社について詳しくはこちら

http://www.hanaeda.jp/2011/10/post-35.html
ベルフォア社につきましてご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151

突風にご注意ください

気象庁は日本海で低気圧が急速に発達する影響で3日は全国的に非常に強い風が吹き

「台風並みの暴風も予想される」として、警戒を呼びかけています。

関東地方では午後6時から午後9時頃にかけて風がピークとなる見込みで

東日本でも最大風速28メートルの台風並みの暴風が予想されています。

飛びやすい物は家の中にしまうようにしたり自転車をあらかじめたおしておくなど

備えておきましょう。

外出を控えるなどけがにもお気をつけ下さい。

被害のご相談ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151

ホームページちょこっとリニューアル

花枝保険事務所のホームページをちょこっとリニューアルしましたので

お知らせいたします。

今後もご意見やご要望などを取り入れながらより良いホームページに

していきたいと思っております。

ホームページについては下記までお問い合わせください。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151
.

ホームページ上の表示の不具合について

ただいま花枝保険事務所のホームページ上の表示に

少しだけ不具合がございます。

保険の商品に関しては問題はございません。

早々に変更いたしますのでしばらくお待ちください。

誠に申し訳ございません。

ホームページについては下記までお問い合わせください。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151

活動報告ブックレットを発送いたしました

花枝保険事務所の1年間のご報告として

活動報告ブックレットを順次発送させて頂いておりますので

ご連絡致します。

災害の多かった2011年を振り返りながら

花枝保険事務所の取り組み報告や新商品などの情報発信を

目的としておりますのでぜひご一読ください。

今後とも花枝保険事務所を宜しくお願い申し上げます。

年末年始のお知らせ

年末年始の営業を下記のとおりとさせていただきます。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2011年12月31日(土)から2012年1月4日(水)まで休業させていただきます。

緊急時の連絡先
 
フリーダイヤル 0120-119-110 東京海上日動安心110番(事故受付センター)

減災のてびきについて その7

本日は

その7 ふだんから地域のつながりが大切です

私たちはお年寄りや障害のある方などを支援するためになにができるでしょうか?

阪神・淡路大震災で家の下敷きになった人々の多くを助け出したのは

家族や近所の人たちでした。

大規模災害時の救助や避難などはふだんの近所付き合いが力を発揮します。

また、お年寄りや障害のある方など災害に弱い立場の方々の立場にたった心配りが

大切になります。

ふだんからお互いに声をかけあうと→いざという時助けあえる

町内会や自治会が中心となって開催される行事で地域の防災に関する取り組みを

知ることができます。

また参加型の防災訓練では安否確認や救出・救護・炊き出しや

避難訓練・避難所生活などを体験できます。

避難生活を体験してみる

みんなで救護の手順を学ぶ

ご近所で炊き出し訓練

みんなで歩いて避難訓練

今すぐできる7つの備えをご紹介してきましたがいかがでしたか?

減災とは災害による被害をできるだけ小さくする取り組みです。

みんなで協力し合うことが大切です。

減災のてびきについて その6

本日は

その6 家族みんなで防災会議

災害は家族がそろっている時に発生するとは限りません。

日頃からから必要な準備をしておくとともに災害が発生したら

落ち着いて避難・安否確認などの行動をとりましょう。

日頃から・・・

あらかじめ災害時にどの親戚や知人等に連絡するか、また、どの連絡方法を

利用するかを家族みんなで決めておきましょう。

ふだんから自宅・学校・職場の近くや通勤通学途中にある避難所の場所を

家族で確認しておきましょう。

保育園・幼稚園・学校における災害時の子どもの引き取りに関する取り決めを

確認しておきましょう。

災害が発生したら・・・

被災した場合には自分の状況を自分から家族や知人に知らせるとともに

家族の安否を確認することが重要です。

ただ、災害発生時に電話が殺到すると被災地域内における電話がつながりにくくなり

安否確認や消防・警察への連絡等に支障が発生します。

安否確認には災害用伝言ダイヤル171などのサービスを活用しましょう。

学校や職場で被災した場合は先生や防災担当の方の指示に従いましょう。

家族の安否と周りの安全が確認できたら今いる場所で周囲の人たちと力を合わせて

救出・救護活動などに協力しましょう。

安否確認の方法

安否確認の主な方法には次のようなものがあります。

体験利用などの機会をとらえて実際の使い方を覚えておきましょう。

171災害用伝言ダイヤル

携帯災害用伝言板サービス

web171災害用ブロードバンド伝言板

「171災害用伝言ダイヤル」の利用方法

被災地→被災地外

被災地(録音)

?171をダイヤル

?「1」(録音)を選ぶ

?自分(被災地)の電話番号をダイヤル

?メッセージの「録音」

被災地外(聞く)

?171をダイヤル

?「2」(再生)を選ぶ

?被災地の方の電話番号をダイヤル

?メッセージの「再生」


明日は

最終回 その7 ふだんからの地域のつながりが大切です

減災のてびきについて その5

本日は

その5 日ごろから準備しておきたいもの

外出先でいつも身につけておきたいもの(例)

自分に関する情報

身元や連絡先を記したカード

病院の診察券、病名・処方薬を書いたメモ

状況を把握するため

ポケットラジオ

メモ帳・筆記具

閉じ込められた時のため

チョコレート等

口を覆うハンカチ

重要なことは無意識に持って歩けるような気軽さです。

大きさ・軽さもさることながらサイフに入る。キーホルダーに付く。

バックや衣類のポケットに入れっぱなしにできるところがポイントです。

家庭やオフィスに常備しておきたいもの(例)

速やかな避難のため

紐なしのズック靴

LEDライト

革手袋

レインコート

なければ困るもの

常備薬

入れ歯や補聴器

水と食料

通帳等の番号を控えたメモ

防災のために特別なものを用意するのではなくできるだけ普段の生活の中に

組み込んで平時に無意識に更新されるものでまかないましょう。

安価でどこでも入手しやすいものでないと定期的に更新したり分散して

置くことができません。

もし被災したら?

大規模な災害の場合は直後の移動自体が大きな危険を伴いますし

速やかな救助活動のじゃまになるおそれもあります。

家族の安否が確認できたら今いるところで助け合いに参加しましょう。

企業は社員が無理に出勤しなくてよいよう社内で事前に必要な決まりを

定めておきましょう。

高齢者や幼児、妊婦の方などは健康維持と安全確保のため被災していない地域へ

一時的に避難することも考えましょう。


明日は

その6 家族みんなで防災会議

減災のてびきについて その4

本日は

その4 災害から命を守る正しい知識と日頃の備え(土砂災害編)

土砂による災害

集中豪雨や長雨などで地盤がゆるむと土砂災害が発生します。

国や地方自治体では危険な箇所をあらかじめ想定し様々な対策を行っていますが

土砂災害が心配される地域に住むみなさんが危険をいち早く察知し

素早い行動につなげることが被害を軽減するうえで最も大切です。

土砂災害の前ぶれとしてどんなことが起こるの?

土石流の前兆現象

?川の流れがにごり流木が混ざりはじめる

?雨は降り続いてるのに川の水位が下がる

?山鳴りがする

地すべりの前兆現象

?沢や井戸の水がにごる

?地割れができる

?斜面から水が噴き出す

がけ崩れの前兆現象

?がけから小石がパラパラと落ちてくる

?がけから水が湧き出ている

?がけに割れ目が見える

土砂災害には警戒情報と素早い行動日頃からの備えが大切です。

ラジオやテレビ地元を通じて「土砂災害警戒情報」を入手したらいち早く

避難しましょう。

「土砂災害警戒情報」が出ていなくとも上記のような前ぶれに気づいたら

すぐに周りの人たちと安全な場所に避難し自治体や警察消防などに通報しましょう。

(「無駄足でも構わない」くらいの気持ちですぐに避難しましょう。)

早めの避難のためにも日頃から「避難場所」や「避難経路」「危険箇所」を

確認しておくことが重要です。


明日は

その5 日ごろから準備しておきたいもの

減災のてびきについて その4

本日は

その4 災害から命を守る正しい知識と日頃の備え(水害編)

集中豪雨による災害

近年、全国各地で大雨の被害が相次いでいます。

平成20年にはごく限られた範囲に短時間に極めて大量の雨が降る短時間強雨が

頻発し大きな被害をもたらしました。

集中豪雨はどのような時に発生するの?

日本付近に前線が停滞している時(特に梅雨期の終わり頃)

台風が日本へ近づいている時や台風が上陸した時

大気の不安定な状態が続き次々と雷雲が発生する時

集中豪雨が起こるとどうなるの?

川の水かさが急に増えたり氾濫したりします。

床下・床上浸水が起こったり道路が冠水したりします。

排水溝や下水で処理しきれない水が地下街へ流れ込んだりします。

地盤がゆるみ土石流やがけ崩れが発生したりします。

集中豪雨には最新の気象情報の入手と日頃からの備えが大切です。

ラジオやテレビの気象情報に注意しましょう。

停電に備え懐中電灯はすぐに使えるよう部屋ごとに置いておきましょう。

デマに惑わされないよう正しい情報の入手先を決めておきましょう。

河川や用水路、田んぼや低地などの状況を確認しに行くのは控えましょう。

日頃から「避難場所」や「避難経路」を確認しておくことが重要です。

自分が住む地域が過去に水害を経験した土地かどうか日頃から調べておきましょう。

川がなくても「水害」は起こる!?(都市型水害)

都市部では地面の大半がコンクリートやアスファルトで覆われているため

雨水が地中にしみ込みにくくなっています。

しみ込めない雨水は側溝や下水へ流れ込みますが側溝や下水の排水の能力を超える

大量の雨水が流れ込むとあふれ出したりマンホールのふたが水圧で外れたりして

道路に水があふれ出します。

そのまま強い雨が降り続くと水は低い場所へと流れ込み地下街や地下室などが

水没することもあります。


明日はごめんなさい。お休みです。

明後日は

その4 災害から命を守る正しい知識と日頃の備え(土砂災害編)

減災のてびきについて その4

本日は

その4 災害から命を守るお部屋の総点検(地震・室内編)

家具の固定や配置の見直しで「安全空間」を!

家庭内に「安全空間」を作っておくことで災害時に安心して暮らせます。

「大地震では家具は必ず倒れるもの」と考えてお部屋の総点検を行いましょう。

その際にチェック・実践すべき点は次の5つです。

1.家具は倒れる向きを考えて配置しましょう

2.家具部屋を作りましょう

3.作りつけの家具を使いましょう

4.寝室には家具を置かないようにしましょう

5.家具を置く場合は固定することで転倒防止を図りましょう

家具の固定方法には色々ありますが正しいやり方で行わなければ

効果は期待できません代表的なタンスの固定例をご紹介します。

タンスの固定例

ポール式器具はタンスの奥の方で天井や家具の硬いところに取り付けます。

また、天井側だけでなく床の側もストッパーなどで固定し

上下に分かれている家具は連結しておきましょう。


明日は

その4 災害から命を守る正しい知識と日頃の備え(水害編)

減災のてびきについて その4

本日は

その4  災害から命を守る災害の怖さを知ろう(地震・室内編)2

まず知ろう。

大震災ではテレビが飛びタンスがあなたの上に倒れかかってきます。

阪神・淡路大震災でも多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって

尊い命を失ったり、大ケガをしたりしました。

また、テレビや家具が散乱し逃げ遅れた人たちもいます。

窓ガラスや食器は鋭い破片を床一面に広げあなたの行く手をはばみます。

素足で歩ける状態ではありません。

スリッパや靴などをいつでも使えるように置いておきましょう。

「生き残ってから」のことよりも「生き残るため・死なないための努力」を

先に行いましょう。

「緊急地震速報」を見聞きしても家の中に安全な場所がなければ

どうしようもありません。

家の中や職場など、まず、身近な空間の安全点検と必要な対策が最優先です。


明日は

その4 災害から命を守るお部屋の総点検(地震・室内編)

減災のてびきについて その4

本日は

その4  災害から命を守る災害の怖さを知ろう(地震・室内編)1

災害への備え(減災)はどうして必要なのでしょう?

大地震のときには多くの方が「家具類の転倒・落下」によって負傷してしまうことが

わかっています。

ところが実際に家具類の転倒防止対策を講じている人はわずか24.3%という

調査結果があります。

東京都防災会議の「首都直下地震による被害想定」によれば

約16万人の想定負傷者のうち34.2%(約54,500人)の人々が

「家具類の転倒・落下」によって負傷するだろうとされています。

みなさんは「家具類の転倒・落下」によって負傷する人の割合が

これほど高いことをご存じでしたか?

「家具類の転倒・落下」を防ぐ方法は色々ありますが建物の構造やお部屋の状況に

応じた手立てを行いあなた自身やご家族を大ケガから守りましょう。


明日は

その5 災害から命を守る災害の怖さを知ろう(地震・室内編)2

減災のてびきについて その3

本日は

その3 あなたのお宅は地震に耐えられますか?

あなたのお宅は何年に建てられましたか?

昭和56(1981)年に住宅の建物の強さを定める基準が大きく変わりました。

昭和56(1981)年以前に建てられたお宅の場合

古い耐震基準の建物では十分な強度が備わっていない場合もありますから

必ず耐震診断を受けその結果に応じた補強を行いましょう。

それ以降に建てられたお宅の場合

新しい耐震基準に基づいて作られた建物であってもあくまで人命に

深刻な影響が及ばないということを基にしていますので

建物が全く壊れないということではありません。

地盤によっては想定以上の揺れになり建物に影響を与えることもあります。

詳しくはお住まいの市区町村役場の防災担当課に相談してみましょう。

年月の経過とともに住宅も変化します。

点検・整備をこまめに行うことや、万が一の際にも補修や再建の助けとなる

地震保険などの経済的な手だてについても家族で話し合っておきましょう。

また、建物を強くするための基礎知識を身につけましょう。

まず知ることが対策の第一歩です。


明日は

その4 災害から命を守る災害の怖さを知ろう(地震・室内編)1

12月になりました

12月はグレゴリオ暦で年の第12の月(最後の月)に当たり31日間あります。

日本では旧暦の12月を師走(しわす)または極月(ごくげつ、ごくづき)と呼び

現在では新暦12月の別名としても用いれています。

僧侶(師走の「師」は僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさからという

平安期からの説があるそうです。

また、言語学的な推測として「年果てる」や「し果つ」等から

「しわす」に変化したなどという説もあるそうです。

明日12月2日の八王子市はみぞれ交じりの小雪がちらつく天気予報です。

事故やおけがにはくれぐれもお気をつけください。

減災のてびきについて その2

昨日からの減災のてびきについてです。

本日は

その2 あなたのお宅やご近所はあんぜんですか?

防災マップ(ハザードマップ)

防災マップは自然災害が発生した場合の被害の様子や避難・救援活動に必要な情報が

記載されている地図です。

家族みんなで確認しましょう。

防災マップは市町村役場や公民館などで配布されています。

また、自治体のホームページにも掲載されています。

ぼうさいまち歩き

「ぼうさいまち歩き」とは自分たちの住んでいるまちの中にある危険な場所を知り

まちの防災設備などを発見していくものです。

防災への関心が高まり災害時に対応するために何をすればよいか

考えるきっかけにもなります。

ゆれやすさマップ

地震の揺れは地面のかたさ・やわらかさによって変わります。

地面のやわらかいところでは小さな地震でも大きく揺れます。

地面の揺れやすさを示した地図が「ゆれやすさマップ」です。

内閣府の「防災情報ページ」で紹介されていますので

ご自宅やお子さんの通う学校などを防災マップとあわせて

確認してみましょう。


明日は

その3 あなたのお宅は地震に耐えられますか?

減災のてびきについて その1

減災とは災害による被害をできるだけ小さくする取り組みです。

内閣府が作成した減災のてびきに

今すぐできる7つの備えが紹介されていますので順番にご紹介します。

その1 災害被害を少なくする「自助」「共助」

「災害はひとごと」と思っていませんか?

災害はどこからやってくるのかわかりません。

災害による被害は私たちの日頃の努力によって減らすことが可能です。

自分の身は自分で守る「自助」

地域や身近にいる人同士が助け合う「共助」

こそが災害による被害を少なくするための大きな力となります。

身のまわりの人を助けるにはまず自分自身が無事でなければなりません。

「自助」があっての「共助」です。

災害が起きてからでは間に合いません。

ふだんできていないことを災害時に行うことはできません。

平時から

「自分でできること」

「家族でできること」

「ご近所と力を合わせてできること」

などについて考え備えておくことが大切です。


明日は

その2 あなたのお宅やご近所は安全ですか?

11月になりました

11月はグレゴリオ暦で年の第11の月にあたり30日間あります。

日本では旧暦の11月を霜月(しもつき)と呼び

現在では新暦の11月の別名としても用いています。

「霜月」は文字通り霜が降る月の意味だそうです。

朝晩の空気がずいぶん冷たくなってきました。

お風邪など召されませんようにお気をつけください。

主な行事は

11月3日の文化の日

11月15日の七五三

11月23日の勤労感謝の日

保険料控除証明書発送について

平成23年分の保険料控除証明書を

10月中旬以降保険会社より順次発送させていただきます。

年末調整や確定申告の際に必要になりますので

大切に保管して下さいますようお願いいたします。

保険証券や発送物に証明書が添付されてる場合もございます。

再発行のお手続き等はお問い合わせいただきますようご連絡いたします。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151
 

社内勉強会を実施いたしました

花枝保険事務所では皆様に最新の正しい知識をお届けするために

社内勉強会を定期的に実施し、商品知識の充実やコンプライアンスの

確認など保険会社の担当者を交えて定期的に社内で情報共有を

おこなっております。

保険のプロフェッショナルとして安心してお任せいただけるように

努めております。
 

ついに公開されました

花枝保険事務所の新ホームページがついに公開されました。

不具合などもあるかもしれませんが都度修正してまいります。

花枝保険事務所としては大きなプロジェクトのうちの1つでしたので

社員一同この日を大変楽しみしておりました。

色々とご協力いただきました方々やさっそくご覧いただきました方々には

言葉では表せないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

今度とも花枝保険事務所をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

まもなく公開です

9月15日に公開予定でしたが遅れてしまっていた

花枝保険事務所の新ホームページ公開までまもなくです。

本日で修正はほぼ終了。ついに公開を待つのみです。

ホームページ作成業者様に無理をお願いしたり、

各保険会社と調整したりとけっこう大変でした。

たくさんの方々にご協力いただきできあがったホームページです。

お楽しみに。
 

お客様からの投稿写真

024.jpg
日頃、大変お世話になっている方より投稿頂いたお写真です。 

育てるハーブ缶がこんなに大きくなりました。

大切に育てて下さってありがとうございます。

花枝保険事務所では

恵み豊かな地球環境を次世代へ引き継ぐ為に

環境保全活動を推進してます。

お客様と共に楽しく取り組んでいきたいと考えております。
 

お客様の声はがきを発送しております

皆様のよきパートナーとして支持していただけるよう

お客様の声はがきにより皆様からのご意見・ご要望を

サービス向上に役立てています。

お客様の声はがきを順次発送させて頂いておりますので

ご連絡致します。

P1000006.JPG
 

台風12号にご注意ください

大型で強い台風12号は2日から3日にかけて四国から東海に接近

上陸する恐れがあります。

ご契約者の皆様には台風対策をお願いするとともに、

被害等ございましたらお問い合わせ頂きますようご連絡致します。

花枝保険事務所 フリーアクセス 0120-91-5151
 

「生存保障」革命、はじまる
 
Menu
 
メディカルKitR グローバルアシスト トータルアシスト超保険 ちょいのり保険 早期災害復旧支援 あんしんプロテクト 経営ダブルアシスト 商工会の業務災害保険 全幅ネット バイクの自賠責保険 東京海上日動のトップクオリティー代理店 東京海上日動 東京海上日動あんしん生命 アフラック
 
※「東京海ジョー」は東京海上日動のキャラクターです
※「あんしんセエメエ」は東京海上日動あんしん生命のキャラクターです
 
東京海上日動
募集文書番号 17-T05613
作成年月 平成29年9月
 
東京海上日動あんしん生命
募資 1708-KL08-H0093